*画像をクリックすると、拡大されます。
作品1
作品2
作品3
作品4
作品5
作品6
作品7
作品8





陶       歴
1996年 
直方市感田の自宅にて開窯
1997年 
県展入選(以後2003年まで連続入選)
1999年 
西部工芸展入選
器・画廊「星ヶ丘」(八幡東区)にて個展
2000年 
炭化目釉の研究を始める
2001年 
西日本陶芸展入選
2002年 
西日本陶芸展入選
西日本工芸展「大分市長賞」入賞
2003年 
西日本陶芸展入選
現在筑陶会所属

ご挨拶(炭化目釉について)
 焼き物に興味を持ち、ついには窯を購ってから8年、陶房を構えてからもう7年が過ぎました。
その前の数年館公民館の陶芸教室に通ったものの、これまでほとんど独学で作陶をして参りました。
 一口に焼き物といってもそのジャンルは広く、その中からなにを選ぶのか?
 嗜好や偶然、そして自ら置かれた環境から、私の場合はいつの間にか炭化焼成を選び、
それが現在の炭化目釉の作品につながっています。
通常の焼成方法ではなんの変哲もない釉薬が、炭化という特殊な焼成をなすことによって
釉表面が特有な光沢を帯び、鉄分等の流れた後は金化する。
人為的につくる窯変で、初めてこの結果に出会った時には感動しました。
 焼き物とは粘土細工ではなく文字通り焼く物であり、私は焼くことのダイナミズムを体感したのです。
 ただ焼成条件が非常に難しく、いまだ一般的な焼成方法の数分の一の確率でしか成功しません。
特に大物は難しく、研究のしどころです。
 今後ますます研鑚し、より美しいものを、より高い確率で焼成できればと願っています。

工房の名前 陶窯 青空間
主 人 細田 延俊
自宅・陶房 〒822−0001
福岡県直方市感田2862−4


ページの先頭に戻る



直方工芸めぐり